不動産売却をするなら|地域の特性を把握しよう

マンションの模型

物件を売却する

図面

不動産物件を所有し、売却する際も不動産会社を利用してからの売却となります。また、住宅ローンの支払いが困難になった際は任意売却を早めに選択して物件を手放すと良いでしょう。

詳しく見る

家を売ることになったら

スーツの男性

神奈川県は、関東地方で一二を誇る人気県です。近代的な高層ビルが建ち並ぶ商業地域や発達した交通網、全国的に名の知れた観光スポット、閑静な住宅街など、快適な生活を実現するためのあらゆる要素が備わっています。そのため、神奈川県に住みたいと望む人がとても多くなっています。実際に、神奈川県内にマイホームを購入する人がたくさんいますが、いくら気に入って購入した家でも、手放さなくてはならなくなるケースがしばしばあります。神奈川県内には不動産売却の仲介業者がたくさんいますが、大切なマイホームを売るのですから、不動産売却の仲介実績を豊富に有している業者を利用するようにした方がよいです。普段は賃貸物件の仲介ばかりをやっている業者に売却の仲介を依頼しても、望み通りの結果を出してもらうことはできません。餅は餅屋という言葉がありますが、不動産売却の仲介業務を得意としている業者を利用すれば、有利な条件の不動産売却を実現できるようになります。

仲介業者を利用して不動産を売却する場合は、まず業者との間で媒介契約を結ぶことになります。この媒介契約には、一般媒介契約・専任媒介契約・専属専任媒介契約という3種類の形態があります。どの種類の媒介契約を結ぶかによって、契約の拘束力や受けられるサービスの内容などが大きく変わってきますので、注意する必要があります。たとえば、専属専任媒介契約を結んだ人が個人的なツテを頼って購入希望者を探し出した場合、重大な契約違反行為としてペナルティを課せられてしまうおそれがあります。一方、自分でも購入者探しをしたいという理由で一般媒介契約を結んだ場合は、業者から定期的な営業活動報告を受けることができません。媒介契約の種類がどうなっているかをあまり気にしない人が多いですが、思わぬところで損をしてしまう可能性がありますので、事前にキチンと確認しておくことが大切です。