住宅の床を美しく保つには

住宅の床は、年月と共に傷や汚れが増えてどんどん劣化していきます。そのような劣化を防ぐには、フローリングコーティングを行っておくといいでしょう。フローリングコーティングは、別名フロアコーティングとも呼ばれており、様々な種類が存在します。それぞれの種類によって特徴が異なりますので、まずはどのような施工法があるのかをチェックしていきましょう。

種類ごとで違う!フロアコーティングのメリットを比較

UVコーティングの特徴

UVコーティングは、紫外線が当たることによって硬化するのが特徴です。そのため、コーティング剤の乾きが早く、短い時間で作業を済ますことができます。また、比較的リーズナブルな価格で施工できるのもメリットです。

ウレタンコーティングの特徴

ウレタンコーティングは、摩耗性が高いというのが大きな特徴の施工法です。そのため、家具を引きずったときにつく傷などから床を守ることができます。価格も比較的リーズナブルですが、耐用年数が他の施工法と比べて短いため、長い目で見たらコストが少し高めになってしまうかもしれません。その点も踏まえた上で、最適な施工法を検討しましょう。

フローリングコーティングは早めに業者に依頼しよう

床

フロアコーティングはいつ行うのがベストか

フロアコーティングを行うなら、一番ベストなタイミングは新築時です。住宅を建ててある程度時間が経ってしまうと、床には既に傷や汚れがついてしまっています。そのため、できることなら新築時にフロアコーティングをしておいた方が、床を美しい状態に保てるのです。

積み木

業者選びでチェックしておきたいポイント

フロアコーティングをお願いするなら、優良な業者を選ぶことが大切です。そこで押さえておきたい業者選びのポイントが、「専門業者であること」と「施工実績が豊富なこと」です。フロアコーティングの専門業者だと、他の施工も幅広く行っている業者より知識や技術が高いと言えます。また、施工実績が豊富なところだと信頼性も高いので、安心してお任せすることができるでしょう。

作業員

施工サンプルをチェックしてみるのもおすすめ

業者によって、仕上がりの雰囲気や使用しているコーティング剤は異なります。そのため、作業を依頼する前に、その業者の施工サンプルをチェックしておくといいでしょう。施工サンプルをチェックすることで、実際の光沢感や傷のつきやすさなどを自分の目で見て確認することができます。ホームページや資料では分からない、実際の施工品質を知ることができるので後から後悔する心配がありません。

業者選びが住宅の美しさを保つ鍵

一口にフロアコーティングの業者と言っても、様々な施工法やサービスを行っているところがあります。しっかりとした業者を選ぶことが今後住宅を美しく保つための鍵となりますので、十分に検討した上で優良な業者を選ぶようにしましょう。

広告募集中